AGAの治療に使われるファナステリド錠

###Site Name###

成人男性の髪の毛が薄くなることをAGA(エージーエー)といいます。
AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」という意味です。


その原因は遺伝とも男性ホルモンの影響とも言われています。

脱毛のパターンはそれぞれで、額の生えぎわ、頭頂部、もしくはこれらが混合して薄くなっていくタイプなどあります。

脱毛部には5α還元酵素によってテストステロンからつくられるDHT(ジヒドロテストステロン)という原因物質が高濃度にみられることがわかっています。

今、注目のAGAの治療のことならこちらのサイトをご覧ください。

DHTは髪の毛が十分に育ち、ちゃんと成長するのを妨げます。ただし、うす毛になってもAGAの場合うぶ毛は残ります。


治療にはファナステリド錠が使われます。ファナステリドはもともと前立腺肥大症や前立腺がんの治療に使われていました。
投与後に患者の毛髪が濃くなるという事例があったことから毛髪の治療にも使われるようになりました。

1998年から販売され、2005年末には日本でも万有製薬より医薬品として発売されました。


世界60か国以上で使用されている薬です。ただし、女性には効果はありません。



とくに妊娠している女性は男子胎児の生殖器官に影響する恐れがあるため服用をしてはならないとされています。



錠剤は1日1回内服し、錠剤を割らないでそのまま服用します。

また、肝臓で代謝されるお薬なので肝機能障害のある人が服用する場合は医師に相談する必要があります。